china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 差別的な意味合いか?SpreadshirtのTシャツが問題に

<<   作成日時 : 2017/03/09 21:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ドイツのオリジナルTシャツ・スウェットを売っているSpreadshirtの、最近販売されたTシャツが、問題になったとの事。(現在は販売されていないようです。)

このTシャツには、”Save a dog eat a Chinese”と”Save a shark eat a Chinese”と英語のプリントがされていた。

”犬を救う、中国人が食べる”、”サメを救う、中国人が食べる”という感じで、犬の肉とフカヒレを意味していると思われる内容になっている。これが”差別的な意味合いがあるのでは?”と問題になったという。

2007年には、ドイツのデザイナーPhilipp Pleinが”F-X-X-K You China”とデザインしたTシャツが問題になったそうです。

↓SpreadshirtのTシャツ
左:Save a dog eat a Chinese、右:Save a shark eat a Chinese
画像

↓Philipp PleinのTシャツ
F-X-X-K You China, Manufactured in Europa, Produced and designed by Philipp Pleinとプリントされているそうです
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
差別的な意味合いか?SpreadshirtのTシャツが問題に china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる