china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 重慶市 閉鎖された核工場・816が観光スポットへ

<<   作成日時 : 2017/02/18 21:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「816」と言う番号は、34年間中国共産党が秘密にしていた番号だった。

重慶市フ陵区にある人工的な洞窟で地下核工場だったが、最近では「816」は観光スポットとして国内外メディアに注目されているという。

816は1960年代に建設された。表向きには国営の化学工場と発表されていた。中国とソ連間の緊張が高まっていたため、プルトニウムを作るためだった。

内部には130本の通路があり、総面積は10.4万平方メートル。工事総投資7.4億元。

1966年から工事を始めたが、1984年に建設はストップした。建築工事は85%完成していた。プルトニウムを作る前に建設はストップしたため、816は汚染されていなかった。

2002年に国防科学工業委員会が816に関して解読、2010年から816は部分的に公開された。2015年に修復のために1年間閉鎖されたが、2016年9月から一般向け公開が再開された。公開されているのは全体の三分の一ほどだという。

・816地下核工程(816 Underground Nuclear Engineering)
住所:重慶市フ陵区白涛鎭
入場料:60元


画像

↓当時使用していた機材
画像

↓当時使用していた機材
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重慶市 閉鎖された核工場・816が観光スポットへ china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる