china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 ドローンが民間機に異常接近、操縦者を拘束 

<<   作成日時 : 2017/01/18 20:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北京(CNN) 中国・浙江省の杭州蕭山国際空港付近で、着陸前の旅客機に小型無人飛行機(ドローン)が異常接近していたことが分かり、警察が18日までにドローンの操縦者を拘束した。

中国の国営メディアによると、旅客機を至近距離から撮影したとみられる映像がインスタントメッセージ・サービスの「QQ」を通して送られたことから、危険行為が発覚した。

地元警察によると、杭州市内に住む23歳のアマチュア航空ファンがドローンを高度450メートルまで飛ばし、夕日の風景や通過する民間機を約10分間にわたって撮影。このうち8秒間の映像を、航空ファンが集まるQQのグループに紹介した。ドローン操縦の免許は持っていなかったという。

ドローンは中国の大手メーカー、DJIの製品と特定された。DJIは声明で不法な撮影を強く非難し、「ほかのハイテク製品と同様、ドローンの安全性はユーザーの習性と安全意識、責任感によって決まる」と強調した。同社はドローンが飛行制限空域を飛行できないようにする技術の開発も進めてきたという。
(CNN.co.jp 2017年1月18日)

↓ウィキペディアに載っていました。
DJI(大疆創新科技有限公司)
中国広東省深センにある会社で、民生用ドローン(マルチコプター)およびその関連機器の製造会社である。商用ドローン業界最大手であり、世界シェアの70%を占めている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国 ドローンが民間機に異常接近、操縦者を拘束  china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる