china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 言語学者、周有光さんがお亡くなりになりました

<<   作成日時 : 2017/01/14 21:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日111歳のお誕生日を迎えられた、中国の経済学者、言語学者の周有光さんがお亡くなりになりました。中国で使われているピン音を定め、普及させた。

また、漢(中国語)、英(英語)、法(フランス語)、日(日本語)の4つの言語に精通していた。

周有光さんは、1906年1月13日在江蘇省常州市で生まれた。本名は周耀平。言語学者となった呂叔湖さんとは中学の同級生。

1923年、上海の聖ヨハネ大学(中華人民共和国の成立後に閉鎖)に入学し、経済と言語を学んだ。1933年、張允和さんと結婚後、日本へ留学、1935年に上海へ。

1946年新華銀行の仕事でアメリカ・ニューヨークへ移り、1949年に帰国。

1955年、語言文字の研究を始め、1980年代には中国大百科全書や漢語大詞典など任された。漢語拼音方案と言う表記法が、国際基準となった。(ISO7098)

ご冥福をお祈りいたします。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言語学者、周有光さんがお亡くなりになりました china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる