china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 広東省 佛山駅でレジオネラ菌が見つかる

<<   作成日時 : 2016/08/31 02:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2016年8月29日、広東省佛山検査検疫局の発表によると、佛山駅にある肇九直通車の出入国審査検問所からレジオネラという菌が見つかり、空調の消毒を行ったとの事。

中国には”中央空調通風系統衞生規範”と言う規定があります。”公共の場のセントラル空調は使用前、必ず消毒・洗浄を行わなくてはならない。”と言うものらしい。これが守れないと衛生許可書がもらえないそうです。

佛山検査検疫局は定期的にセントラル空調の洗浄を行うよう指導した。

・肇九直通車
香港の九龍(紅磡)駅から廣東省肇慶市の肇慶駅までの直通電車。途中佛山にも止まる。中国側の駅で
九龍(紅磡) ⇔ 常平 ⇔ 広州東 ⇔ 佛山 ⇔ 肇慶 

・レジオネラ wikipediaより
レジオネラ属に属する真正細菌の総称であり、グラム陰性の桿菌。レジオネラ肺炎(在郷軍人病)等多くのレジオネラ症を引き起こす種を含む。

健康人がただ風呂に入っただけでは感染しない。空調冷却水内で増殖した菌が冷却塔(クーリングタワー)から飛散したり、入浴施設の水循環装置や浴槽表面で増殖した菌がシャワーなどで利用されたり、浴槽の気泡装置で泡沫に含まれたりして塵(エアロゾル)となり、それが気道を介して吸入され、肺に存在するマクロファージ(肺胞マクロファージ)に感染することによって発病する。日本でも毎年数人がレジオネラにより死亡している。

・セントラル空調
全館空調。ショッピングモールなどの施設で使われていて、建物全体の空調を管理する事ができる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広東省 佛山駅でレジオネラ菌が見つかる china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる