china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港 昔の香港がテーマの街市がオープン

<<   作成日時 : 2016/08/03 02:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香港・新界の大嶼山(ランタオ島)にあった逸東街市が香港街市と名前を変えて、2016年8月1日リニューアルオープンし、話題になっているようです。

昔の香港がテーマで、イギリス植民地時代のポスト、昔のソーダの機械などが飾られています。

全長11メートルの飛行機の模型が、ビルの真上を飛んでいて、啓徳空港時代の香港のようにディスプレーされています。飛行機の模型を作ったのは夏中建さんと言う香港では有名な方だそうです。

↓啓徳空港時代の香港!
画像

↓トイレの手洗いボールはアルマイトの洗面器のようです。
画像

↓イギリス植民地時代のエリザベス2世のポストで、EURが特徴。1952年の即位から1997年香港返還まで使われましたが、1997年に香港が中国に返還されて、赤いポストは緑に塗られてしまった。EURは ElizabethUReginaの意味。(Reginaは女王陛下と言う意味だそうです。)
画像

↓香港街市の入り口
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港 昔の香港がテーマの街市がオープン china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる