china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 山東省 留守児童の李秋運くん

<<   作成日時 : 2016/08/10 02:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

山東省棗庄市滕州市の李秋運くん(10歳)は、お母さんが家を出て行ってしまったので、お父さんの李付営さん(53歳)とお互いに助け合って生きています。

秋運くんが7歳の時、お父さんは出稼ぎ労働で仕事へ行ってしまい、一人で70日も生活をしていた事がありました。その70日間、お父さんからの連絡はなかったそうです。

火の起こし方を知らなかった秋運くんは冷たい水を飲み、煎餅(薄い生地にネギなどが入っている)を食べていました。時々近所の人が来て火を起こしてくれた時は、自分でお粥を作っていましたが、大半は冷たい水と煎餅で過ごしていたそうです。

ハンバーガーが食べたい。以前、村の人が滕州市へ連れて行ってくれた時に、ハンバーガーを食べた事をいつも忘れないでいる。

・留守児童
両親が出稼ぎなどで不在になってしまう為、祖父母や親戚に育てられていますが、最近では自殺してしまう子供たちもいます。

↓秋運くんの遊び相手は、裏の家で買われている犬
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山東省 留守児童の李秋運くん china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる