china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2016年中国十大ボイラー都市」ランキング発表

<<   作成日時 : 2016/07/15 00:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国「ボイラー」都市ランキングが、このほどネット上で広まっている。

これは、気象当局が、国内省会都市(省政府所在地)と直轄市の過去31年間の気象データを総合的に分析し、中国国内で夏に酷暑となる都市の状況について、初めて権威ある立場から公表したランキングだ。重慶晨報が伝えた。

中国気象局国家気候センターが発表したランキングは、研究者が過去31年間の気象データを総合的に分析し、夏に酷暑の程度が最も高い省会都市・直轄市トップ10を選んだもので、上位から順に、重慶、福州、杭州、南昌、長沙、武漢、西安、南京、合肥、南寧だった。

このうちトップ4に入った重慶、福州、杭州、南昌は、ネットユーザーたちから「新四大ボイラー」と名付けられた。

今回の「ボイラー都市」の分析と選出において指標とされたのは炎熱指数(気温と湿度が人々の快適度に及ぼす影響を示す総合指数)、高温日数、連続高温日数、夏季平均最高気温・最低気温など多岐にわたるデータだ。

どの時代のバージョンの「四大ボイラー」でも、重慶は常にランキングの「常連」だ。1981年から現在までの35年間、重慶市は、夏季高温日数でトップ10都市の首位を保ち、その平均日数は28.5日に達した。

地球温暖化を背景に、中国の夏の酷暑の程度は、全体的に強まる傾向となっており、「ボイラー」ランキングに入る都市も増える一方だ。

気象データによると、中国では、1951年から2010年までに、全国平均気温が1.38℃上昇、10年ごとに0.23℃上がったことになる。地球温暖化が進むにつれ、極端な高温現象や高温日数の範囲が拡大し、その頻度も増加している。
(人民網日本語版 7月14日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「2016年中国十大ボイラー都市」ランキング発表 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる