china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 小学4年生が書いた長編小説が話題

<<   作成日時 : 2016/01/09 01:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9歳の女の子、蔡亦青ちゃんが書いた長編小説”1箱のチョコレート(一盒巧克力)”が話題のようです。

蔡亦青ちゃんは北京市中関村第一小学校の小学4年生。3歳から字を読み始め、6歳で童話を30話作りました。8歳の時、ラジオ局のトークショーに毎日出演し、物語を1話づつ放送。9歳から長編小説を書き始めたそうです。

”1箱のチョコレート”はトークショーで1年2 カ月話した物語をまとめたものだそうです。

小さい時から読書をする習慣があって、朝起きると読書を始めるそうです。ハミガキ中や食事の時も本を読んでいるとか。

↓2015年1月8日に行われたサイン会
画像

↓1箱のチョコレート
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 小学4年生が書いた長編小説が話題 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる