china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾在住の日本人、美しい風景守ろうと自らゴミ拾い 感謝寄せられる

<<   作成日時 : 2015/11/03 00:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(台北 2日 中央社)台湾・台中にある景勝地の美しい自然を守ろうと、台湾在住の日本人男性が自分1人でゴミ拾いを行い、その過程を撮影した映像の公開を通じ、ポイ捨てをしないよう呼びかけている。

男性の行為に対し、台湾のインターネットユーザーからは「ありがとう」「素晴らしい」など称賛するコメントが多く寄せられている。

映像と文章は10月中旬、男性が運営するフェイスブックページ上に投稿された。サイクリングで台湾の景色を楽しむのが好きだと話すこの男性。

特に好きな場所である「136赤崁頂」と呼ばれる名所を9月下旬に訪れた際、多くのゴミが散乱している光景を目にし、ゴミ拾いを決めたという。

男性はその翌日にゴミ袋を準備して現地を再び訪れ、片付けを実行。最終的に7袋に上る量のゴミが集まった。

男性は同所からゴミ箱がなくなるのが夢だと語る。ゴミ箱の撤去は、ポイ捨てをする人がいないということを意味するからだ。男性は投稿した文章の中で「その日は必ず来ると信じています」とつづり、多くの人にこの願いを知ってもらいたいとしている。

男性の投稿は11月2日現在、7000人以上に拡散され、約400件のコメントが集まっている。
(中央社フォーカス台湾 11月2日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾在住の日本人、美しい風景守ろうと自らゴミ拾い 感謝寄せられる china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる