china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 天津爆発の死者112人に 賠償求めて抗議デモ

<<   作成日時 : 2015/08/18 01:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天津(CNN) 中国・天津市の化学物質倉庫で起きた大規模爆発による死者は、16日までに少なくとも112人に上った。市当局の報道官によると、95人以上が依然として行方不明になっている。

同報道官によれば、現場からはこれまでに50人以上が救出された。捜索作業は16日も続けられたが、12日に起きた爆発から4日間が経過し、行方不明者らが生還する可能性は低いとの見方が強まっている。

現場周辺の地主らは16日、政府に賠償を求める抗議デモを展開した。工場から約700メートルの場所に家があるという住民は「なぜ我々に知らせないまま危険な化学倉庫を建てたのか。時限爆弾の隣に住みたいと思う人などいない」と語った。

有害物質への懸念からマスクを着けてデモに参加した女性は「爆発以来、帰宅は許可されていない。化学物質除去の作業中だというが、同意した覚えはない」と怒りをあらわにし、政府に自宅の買い取りを迫った。

爆発が起きたのは、港に入った化学物質などを一時的に保管する倉庫。火災によって爆発したとみられるが、その火災の原因はまだ明らかになっていない。

軍の幹部によると、現場を調べた結果、2カ所から合わせて数百トンのシアン化物が見つかった。破壊された容器から漏れ出した物質を中和する作業などが進んでいる。

大量のシアン化物が別の物質と混じっている場合は、雨が降って化学反応が起きるような事態に備え、周囲に高さ1メートルの囲いを設置したという。

爆発で飛び散ったとみられる有害物質を調べるため、軍要員が半径3キロ以内の区域を調べている。同幹部は現場の有害物質について、16日の時点で正常な水準に戻り、健康に害が及ぶことはないとの見方を示した。

これに対して国際環境保護団体「グリーンピース」は、雨で化学物質が土壌にしみ込んだり、化学反応を起こしたりする恐れがあると強調している。

現場は市中心部から約40キロ。当局のデータによると、半径5キロの圏内には約9万人が住んでいる。
(CNN.co.jp 8月17日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天津爆発の死者112人に 賠償求めて抗議デモ china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる