china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国首都周辺のPM2.5濃度15.4%低下 今年前半

<<   作成日時 : 2015/07/24 00:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国首都周辺の今年前半のPM2.5濃度は前年同期比15.4%低下した。7月22日、新華網が伝えた。

北京市環境保護局が公表した北京、天津、河北省及び周辺地区計7省・区・市のPM2.5濃度は同15.4%低下。そのうち北京、天津、河北省の濃度は同22.1%低下した。

北京市環境保護局工程師の於建華氏は「今年前半の北京市のPM2.5濃度は同15.2%低下、二酸化硫黄、二酸化窒素、PM10の濃度はそれぞれ同41.3%、同14.5%、同12.7%低下した。

また、北京市の大気環境が基準をクリアした日数は同9日増の88日。大気重汚染日数は同9日減の16日だった。

於建華氏は「環境汚染対策が功を奏していることに加え、気象条件にも恵まれた。また、地域間の連携も進んでいる」と述べた。  
(FOCUS-ASIA.COM 7月23日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国首都周辺のPM2.5濃度15.4%低下 今年前半 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる