china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾鉄道、日本人デザインの新キャラクターがお披露目

<<   作成日時 : 2015/06/07 01:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(台北 6日 中央社)台湾鉄路管理局が駅弁販売促進のために起用したオリジナルキャラクター、「鉄魯」(てる)、「漢娜醤」(はなちゃん)のお披露目式が6日、同局の台北駅であった。

今後、関連商品が続々発売される予定で、台鉄は可愛らしいキャラクターによって台湾の鉄道文化などを世界にアピールしたいとしている。

台湾を代表する動物であるタイワンツキノワグマ(台湾黒熊)をモチーフにキャラクターをデザインしたのは、北海道に住む日本人の峰雪剛さん。16年前から台鉄を追いかけている鉄道ファンで、これまで年10回のペースで台湾を訪れてきたという。

このキャラクターは同局の看板特急、プユマ(普悠瑪)号とタロコ(太魯閣)号の前面をイメージした洋服を着こなすほか、鼻はレールの断面の形を模しているなど、鉄道に関するものがデザインに取り入れられている。

台鉄では関連グッズとしてクリアファイル、カードホルダー、マグネットを販売しており、将来的にはぬいぐるみなどの発売も予定している。台北駅構内の台鉄夢工場旗艦店ではぬいぐるみと写真を撮ることもできるという。
(中央社フォーカス台湾 6月6日)

↓台湾のサイトでは、台灣鐵路管理局吉祥物(台灣鐵路管理局のキャラクター)と紹介されていました。
左:鐵魯、右:漢娜將
画像

↓香港のサイトでは、イベントの様子が紹介されていました。左:漢娜將、右鐵魯
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾鉄道、日本人デザインの新キャラクターがお披露目 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる