china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国最貧困地域の暮らし「肉を食べるのは年3回だけ」―四川省涼山イ族自治州

<<   作成日時 : 2015/06/25 00:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国新華社は23日、同国の最貧困地域に住む人々の暮らしについて、写真と共に伝えた。

「世界第2の経済体」に成長した中国では今も、一部の農村地域で貧困との戦いが続いている。

国家統計局によると、農村部の貧困人口は7017万人で、農村部人口全体の7.2%を占める。国は2020年までにこうした人々が貧困から抜け出すことを目標とし、対策に力を入れているという。

中国の最貧困地域のうちの1カ所、四川省涼山イ族自治州馬依村のある民家では、家族5人の昼食が少しのジャガイモだった。現地では米や肉を食べるのはぜいたくなことで、米を食べるのは10日に一度、肉は多くても年に3回、正月や祭りの時だけだという。現地では大部分の人が家畜小屋を兼ねた粗末な家に住んでいる。
(FOCUS-ASIA.COM 6月24日)

・涼山イ(彝)族自治州
中華人民共和国四川省に位置する民族自治州。イ族人口が半数近くを占める。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国最貧困地域の暮らし「肉を食べるのは年3回だけ」―四川省涼山イ族自治州 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる