china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 媽祖 誕生1055周年記念

<<   作成日時 : 2015/05/12 01:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

航海・漁業の守護神として、多くの方々が信仰している媽祖。誕生1055周年記念を迎えたとの事。

媽祖は福建省湄洲島で生まれたと言われています。中国の沿岸の地方(福建、広東、浙江、海南など)ではとても信仰されているようです。

↓wikipediaに載っていました
媽祖は宋代に実在した官吏の娘、黙娘が神となったものであるとされている。黙娘は建隆元年(960年)、福建省興化府の官吏林愿の7女として生まれた。

幼少の頃から才気煥発で信仰心も篤かったが、16歳の頃に神通力を得て村人の病を治すなどの奇跡を起こし「通賢霊女」と呼ばれ崇められた。しかし28歳の時に父が海難に遭い行方知れずとなる。これに悲嘆した黙娘は旅立ち、その後、峨嵋山の山頂で仙人に誘われ神となったという伝承が伝わっている。

なお、父を探しに船を出し遭難したという伝承もある。福建省にある媽祖島(馬祖島、現在の南竿島とされる)に黙娘の遺体が打ち上げられたという伝承が残り、列島の名前の由来ともなっている。

媽祖は千里眼(せんりがん)と順風耳(じゅんぷうじ)の二神を脇に付き従えている。この二神はもともと悪神であったが、媽祖によって調伏され改心し、以降媽祖の随神となった。

↓1055周年を記念した誕生祭の様子。上:南京、下:福建
画像

画像


↓テレビドラマやアニメにもなりました
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
媽祖 誕生1055周年記念 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる