china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 江蘇省 お供えのお札が本物に似ていると話題に

<<   作成日時 : 2015/03/29 01:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2015年の清明節は4月5日です。清明節は祖先の墓参りし、掃除もして先祖を敬う日です。墓地では紙のお供えものを燃やします。紙のお供えものは先祖があの世で使うとされていて、お金、高級車、スマホなどが人気です。

江蘇省淮安市にあるお供えものを売っているお店には、表・裏のデザインが本物のお金に似た10元、20元、50元、100元札が売っていると話題になっているそうです。

↓お供えもののお札は、”中国人民銀行”の印刷が”中国冥民銀行”になっていますが、よく見ないと間違えそうです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江蘇省 お供えのお札が本物に似ていると話題に china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる