china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS china@liveの暗中模索 その13

<<   作成日時 : 2015/01/05 01:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

父が脳梗塞で右マヒ、失語症になってしまって困ったこと

■成年後見人
父の定期預金を病院代にしようと思い銀行へ行ったら、定期預金をおろすのは成年後見人が必要と言われました。

周りに経験者がいないので、成年後見人って何??って感じでした。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説によると、
認知症や知的・精神障害で判断能力の不十分な人を保護するため2000年に始まった。家族や弁護士らの申し立てを受け、家庭裁判所が決めた成年後見人が、本人に代わり財産管理などをする。全国の申立件数は08年の2万6459件から、10年には3万79件に増えた。
(2011-09-16 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

父の定期預金なのに、家族でもおろせない。おろすには成年後見人が必要。これにはびっくりしました。

それで読み始めたのが下記の本です。読みやすかったです。

今日から成年後見人になりました
児島 明日美 著  自由国民社 
画像


■連絡したい人は?病歴・薬などがわからない・・・

父は失語症で話が出来ないので、脳梗塞になったことを伝えたい人、今までの病歴、いつも飲んでいる薬などを聞く事が出来なかったです。(病歴や薬は母が知っていたので助かりました)

自分も入院や事故にあったらどうしよう?思い、早いですがエンディング・ノートを書く事にしました。
これで緊急な時でも家族に迷惑がかからなくなりそうです。

コクヨ エンディングノートもしもの時に役立つノート
コクヨ
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
china@liveの暗中模索 その13 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる