china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS china@liveの暗中模索 その14

<<   作成日時 : 2015/01/13 02:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■脳梗塞になってから125日目〜140日目

・この頃になると車イスにのせてもらい、病院内の散歩に行くようになりました。

・129日目、また熱が出て長く続きました。熱は39度近くまで出てしまう事があり心配でした。

・熱が出ていても、出された食事(お昼ご飯)は食べていたようです。

・熱があって散歩に行けないので、ベッドの上で雑誌を読んでいました。

・手に痛風が出てしまったので、湿布を貼ってもらいました。

・135日目、食事が昼だけ(あとは点滴でした)だったのですが、1日2食になりました。

■食事の時にした事

父はこの頃、お昼ご飯だけ、ミキサーにかけてトロミのついたご飯を食べていました。食事の時は平日は母がなるべく行って、ちゃんと食べれているか、食事の様子を見ていました。過去に誤嚥性肺炎になったこともあり、脳梗塞になってから食事をしていなかった為、喉の筋肉も落ちていたので心配だったようです。

自分も何度か食事の時間に行って食べている様子を見ました。ミキサーにかけたとろみ食だと、食材の形がわからないので、父にメニューを読んだり、食材の名前を言ったりしました。

■とろみ

食事や飲み物にとろみをつけないといけない為、病院の売店でとろみを買っていました。とろみを使うと、まとまって食道に流れやすくなり、誤嚥防止する効果があるとの事です。

病院でかったとろみで使われている材料はキサンタンガムでした。キサンタンガムはドレッシング、たれなどの食品や乳液、ファンデーションなどの化粧品にも使われているそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
china@liveの暗中模索 その14 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる