china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS VIP客が来なくなり、マカオのギャンブル業の営業収益が下落

<<   作成日時 : 2014/11/06 00:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【参考消息】 中国本土の大規模な腐敗撲滅運動及び観光客数の減少と経済成長の鈍化を受け、アナリストは、10月のマカオのギャンブル業の営業収益は前年同期比で20-23%減るとみている。ここ2年間、マカオのギャンブル業の営業収益は初めて5ヵ月連続して前年同期比で下落し、営業収益の下げ幅もこれまでの最大を記録した。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は3日、ロイター通信のアナリストの話として、「2014年、マカオのギャンブル業は最も低迷する時期に入る」と伝えた。バークレイズ銀行は「マカオのギャンブル業の年間収入は1%下降し、2015年にも好転しない」としている。

マカオのWynn Resorts社のSteve Wynn氏によると、VIP顧客の人数減少でマカオのギャンブル業の営業収益は前年同期比で17%減った。同社は総額40億ドルの資金を投じてカジノとホテルを一体化した施設を建設している。VIP顧客とは、カジノの特殊な部屋で賭博する顧客を指す。

ロイター通信のアナリストによると、マカオのギャンブル業の営業収益の大半は中国本土からのVIP顧客に頼っている。だが、中国の腐敗撲滅運動でこれらのVIP顧客が来なくなった。また、カジノが実施している禁煙措置も営業収益の伸びを抑制した。

マカオ政府の財政収入の80%はギャンブル業によって賄われている。
(新華ニュース 11月5日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
VIP客が来なくなり、マカオのギャンブル業の営業収益が下落 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる