china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本時代に建設の旧工業研究所などが指定古跡に/台湾・台北

<<   作成日時 : 2014/11/12 01:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(台北 11日 中央社)台北市政府が10日に開いた文化資産審議委員会で、市内にある建物など9カ所を新たに歴史的建造物などとして登録することが決まった。日本統治時代に建設された旧台湾総督府工業研究所の建物(=写真)も含まれている。台湾の複数メディアが伝えた。

台湾総督府が設置した4つの研究所のうち唯一現存している工業研究所の建物は、第2次世界大戦後に国防部空軍総司令部として使用された。歴史的、産業的な価値があるとされている。敷地内にある防空壕2カ所もリスト入りが決まった。

このほか、旧台北帝国大学工学部の校舎として1943(昭和18)年に建てられた台湾大学機械工程館や1955年に華南銀行によって建設され、台湾省政府や考試院の職員宿舎などとして使用された建物も、今回歴史的建造物として選定されることになった。
(中央社フォーカス台湾 11月11日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本時代に建設の旧工業研究所などが指定古跡に/台湾・台北 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる