china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾の人はコーヒーがお好き 年間約22億杯消費

<<   作成日時 : 2014/10/20 01:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

財政部関務署の統計で、台湾のコーヒー豆の輸入量は最近5年間でほぼ倍増し、年間21億7000万杯、1人当たり94.3杯のコーヒーが飲まれていることが分かった。19日付の中国時報が伝えている。

眠気覚ましのためなど、多くの人の生活に欠かせないコーヒー。昨年一年間で輸入されたコーヒー豆の量は2.17万トン。今年は8月までの時点で1.55万トンに達し、2008年の同期比89%の成長率となっている。

また、台湾で人気のコーヒー豆はインドネシアのマンデリン種で、パナマ産ゲイシャ種も注目を集めている。一方、近年セブンイレブンやファミリーマートが店頭でひきたてコーヒーを販売して以降、以前は人気だったインスタントコーヒーの輸入量が減少しているという。
中央社フォーカス台湾  10月19日)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾の人はコーヒーがお好き 年間約22億杯消費 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる