china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾・高雄市のライトレール、11月に試運転へ

<<   作成日時 : 2014/09/13 01:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

台湾南部の港湾都市、高雄市がスペインの鉄道車両メーカー、CAFから購入したライトレールの車両が13日にも同市に到着し、11月9日に試運転が実施される。

新車両は5両編成で250人を輸送可能。希望やエコを象徴する白と快適・安全・品質を意味する緑色を基調としたデザインで、架線レスタイプの低床車であるため、都市景観や乗客の利便性向上に一役買っている。

高雄市内を一周するライトレールは全長22.1キロ、総工費約165億台湾元(約590億円)で、駅数は36に上る。建設工事は2段階に分けて進められており、2019年に全線開通の見通し。
(中央社フォーカス台湾 9月12日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾・高雄市のライトレール、11月に試運転へ china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる