china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台北文華東方酒店がオープン/台湾

<<   作成日時 : 2014/05/20 01:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(台北 19日 中央社)超高級ホテルの台北文華東方酒店(マンダリン・オリエンタル台北)が18日にオープンした。

かつての有名ホテル、中泰賓館の跡地に建設された台北文華東方酒店は松山空港や台北アリーナにも程近い。オープンセレモニーには毛治国行政副院長、カク龍斌・台北市長のほか、有名女優のブリジット・リン(林青霞)さんなどが招かれ、林命群董事長が1969年の中泰賓館の誕生以来、美しい記憶の数々が刻まれたこの地で、これからはこのホテルが台湾に様々な新しさをもたらしてくれるだろうと挨拶した。

毛副院長は中泰賓館はタイ華僑の林国長氏が建設し、1970年代当時に台北第2のホテルとして名を馳せたとふり返り、2016年までの観光ホテル投資推定額3000億台湾元(約1兆円)のうち、台北文華東方酒店が200億元(約670億円)を占めるとして、新しい高級ホテルがもたらす雇用機会の増加など経済波及効果にも期待を寄せた。

1970〜90年代に活躍した大物女優のブリジット・リンさんは、学生時代は中泰賓館のプールで泳いだりバーベキューを味わったりし、夜はダンスに夢中だったと思い出を語り、文華東方酒店がフランスレトロ風と現代風のエレガントさをあわせ持っており、台湾がこのような国際クラスのホテルを擁することを誇りに思うと述べた。

今回オープンした文華東方酒店は303部屋で、うちスイートルームは47。各部屋には最新テクノロジーが取り入れられ豪華な大理石の浴室が備えられている。部屋は台北で競合関係にある寒舍艾美(ル・メリディアン)、君悦(グランド・ハイアット)、W飯店(Wホテル)などが1部屋13坪からなのに対し、文華東方酒店では17坪からと豪華ホテルのトップの座を占める。

また台北のホテルの平均宿泊価格(1泊)はW飯店が最高で1万59元(約3万3700円)、寒舍艾美が9710元(約3万2600円)。これに遠東(シャングリラ・ファーイースタン・プラザホテル)、君悦、六福皇宮(ウェスティン台北)、寒舍艾麗(ハンブルハウス台北)と続き、市内西部の晶華酒店(リージェント台北)が5852元。これに対して、文華東方は1泊1万6500元(約5万5300円)から。オープンから100日間限定の特別価格でも1泊あたり1万1000元(約3万6900円)と他のホテルを引き離す。

このほか、文華東方酒店では屋外の欧風庭園でカクテルパーティーを催すことができ、吹き抜けの高さ21メートルの「文華閣」はすでに200組の披露宴の予約が入っているという。
(中央社フォーカス台湾 5月19日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台北文華東方酒店がオープン/台湾 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる