china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾の教科書改訂、「脱日本寄り」は本来の台湾を失う?=狂気じみた台湾の親日勢力―台湾紙

<<   作成日時 : 2014/02/21 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2014年2月20日、台湾メディア・中時電子報は、台湾教育部の教科書改訂案に関して、台湾の親日派が強く反発していると報道した。

台湾の教育部で可決された高校の国語・社会の教科書改訂案では、「中国」を「中国大陸」、「日本統治時期」を「日本植民統治時期」と変更することが盛り込まれ、メディアは「脱日本寄り」などと伝えている。

中時電子報の報道は、台湾に存在する親日派は「日増しに狂気じみている」と伝えた。これらの勢力の中には日本を母国とする声もあり、彼らは「日本は台湾の発展に大きく貢献した偉大な国であり、教科書で日本に関する記述を変更することは本来の台湾を失うことに等しい」と主張しているという。
(Record China 2月20日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾の教科書改訂、「脱日本寄り」は本来の台湾を失う?=狂気じみた台湾の親日勢力―台湾紙 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる