china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀕死のやけど事故から間もなく3年=S.H.EのSelina、病院の守秘に感謝―台湾

<<   作成日時 : 2013/09/25 00:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2013年9月23日、台湾の人気ユニットS.H.EのSelinaが、大型総合病院による「守秘義務キャンペーン」のイメージキャラクターに選ばれ、記者会見に出席した。NOWnewsが伝えた。

Selinaは2010年10月、上海市でドラマ撮影中に火薬の爆発事故に遭遇し、体の約半分にやけどを負った。一時は生命の危機も伝えられたが、順調に回復して昨年からは芸能活動も再開している。

事故直後、台湾に緊急搬送された彼女が運ばれたのが、総合病院・長庚医院の総本部だった。そのような経緯もあり、同医院がポリシーとする守秘義務を世間に周知するキャンペーンで、Selinaがイメージキャラクターに選ばれ、23日に行われた記者会見に登場した。

Selinaによると、同院で入院治療を行った約3カ月間、患部の写真はおろか治療の進行具合さえメディアには一切漏れることがなかった。彼女の痛々しい写真を撮ろうと記者らがやっきになっている中、同院が完全に守り抜いてくれたことに感謝しているという。

退院後、入院期間中の自分に関する報道を家族に見せられたが、どれも勝手な憶測に基づくデマばかり。「このことからも、病院がいかに守秘義務を徹底してくれていたかが分かった」と語っている。

また、医療スタッフの職務意識も素晴らしく、ささやかなお礼の品を贈ろうとしても受け取り拒否されたという。

この日の会見でかつて入院していた施設を再訪することとなったSelinaだが、当時の記憶が一瞬でよみがえった様子で、終始涙を見せっぱなしだった。

彼女の下半身は、皮膚移植したために今もボディスーツで覆われており、間もなく3年を迎える事故のダメージの大きさを感じさせる。
(Record China 9月24日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀕死のやけど事故から間もなく3年=S.H.EのSelina、病院の守秘に感謝―台湾 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる