china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 上海から高速鉄道で厦門や深セン・香港へ行ける時代に、7月1日開業

<<   作成日時 : 2013/06/27 00:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

建設が進められてきた江蘇省の南京と浙江省の杭州を結ぶ寧杭高速鉄道と、杭州と寧波を結ぶ杭甬高速鉄道が7月1日に同時開通することになったと東方早報が伝えている。

上海鉄路局によれば先月5月21日〜23日にかけて、この寧杭・杭甬の両高速鉄道が全線の走行試験を終え、現在1ケ月間の習熟走行を実施しており、開業に向けての最終段階に入ったとしている。

報道によれば、この両高速鉄道の開通時には寧杭高鉄は50往復、杭甬高鉄は74往復の高速列車の投入が予定されており、74往復のうち45往復は最高時速300キロの車両を使って運行されとのこと。

この両高速鉄道の開通により、長江デルタ各都市間の時間距離が縮まって1〜2時間圏内となり、都市間の緊密な繋がりが期待されるとともに、半年後に予定されている福建省と広東省を結ぶ厦深高速鉄道の開通により、上海から深センや香港に高速鉄道で移動できる時代がもうすぐそこにやってくることになるとしている。
(エクスプロア深圳 6月26日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上海から高速鉄道で厦門や深セン・香港へ行ける時代に、7月1日開業  china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる