china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 返還15年の香港でデモ、人権状況改善など求め

<<   作成日時 : 2012/07/01 00:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1日に中国返還15周年を迎える香港で30日、中国の人権状況改善などを求める民主派主催のデモが行われ、立法会議員や市民約1000人が参加した。

デモ隊は、15周年記念式典に合わせて香港入りした胡錦濤(フージンタオ)・中国国家主席が滞在するホテル近くで気勢を上げ、一部がバリケードを突破しようとして警官隊との小競り合いになり、警官隊が催涙スプレーを使用した。

香港では毎年、返還記念日に民主派がデモを行っている。今年は湖南省で6月に起きた民主活動家・李旺陽氏の変死事案を受け、中国当局の関与を主張する民主派などが胡氏訪問に合わせ、疑惑解明を求めた。

デモを主催した民主派の代表は「一人の人間の死の原因が明らかにされない社会は異常だ。胡氏には徹底究明を求める」と語った。
(読売新聞 6月30日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
返還15年の香港でデモ、人権状況改善など求め china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる