china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 広州・汚れた霧〜マスクよく売れる・厚い綿マスクがおすすめ

<<   作成日時 : 2012/03/08 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高温多湿の日が続く広州市では、霧が晴れないため大気汚染がやや深刻化している。報道によると、呼吸器疾患の予防のためマスクをする市民が増えており、店によっては通常の3割増しの売り上げとなっている。

薬屋やコンビニでよく売れているのは10個入り5元の使い捨てマスクだが、専門家によると使い捨ての薄いマスクより、12〜18層からなる厚手の綿のマスクの方が良いという。
  
広州市中医医院呼吸器科主任の蘇麗玲医師は、霧が濃い日はあまり朝早くから外にでて運動しないこと、霧の中に漂っている微小物質を吸い込んで呼吸器を刺激しないように外出時はマスクをすることを勧めている。
使い捨てのマスクは薄いので、12層から18層の厚い綿のマスクがよい。毎日使用後は石鹸で良く洗うことが大切だが、繰り返し使えるので経済的だという。

ここ数年来、広州市の大気汚染はだいぶ改善されてきたが、霧が濃い日は汚染物質が空気中に漂いやすいそうだ。ウィルス感染予防ではないので、医療用ではなく綿製で良いということらしい。
(エクスプロア深圳 3月6日) 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広州・汚れた霧〜マスクよく売れる・厚い綿マスクがおすすめ china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる