china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フカヒレ」メニューから外します サメの生態系保護訴え、ペニンシュラホテルの運営会社

<<   作成日時 : 2011/11/24 00:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香港や東京、ニューヨークなど世界9都市で高級ホテル「ザ・ペニンシュラ」を運営する香港上海大酒店が、ホテル内で提供する中華料理のメニューから「フカヒレ」を、年内でなくす方針を決めた。

香港紙によると、同社の郭敬文最高経営責任者(CEO)は、「当社の決断が海洋環境の維持に寄与できることを期待する」との声明を発表。高級食材として高値で取引されているフカヒレを狙い、世界各地で捕獲されるサメの生態系の保護を訴えていくという。

来年1月1日以降は同社系のホテルでは原則としてフカヒレが食べられなくなるが、今回の決定は他の高級ホテルチェーンや飲食店にも波紋を呼びそうだ。
(産経新聞 11月23日)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「フカヒレ」メニューから外します サメの生態系保護訴え、ペニンシュラホテルの運営会社 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる