china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 公的サイトは中国の簡体字排除せよ…台湾が通達

<<   作成日時 : 2011/06/18 00:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

台湾の馬英九総統は15日、中国人の台湾個人観光の月内解禁を前に、公的機関のウェブサイトや配布文書から中国式の簡体字版を排除し、台湾で使われる伝統的な繁体字版で統一するよう異例の通達を出した。

中国からの人の流れの活発化で簡体字が台湾に広まれば、伝統的漢字が失われかねないとの危機感がある。

元来、台湾と同じく繁体字を使っていた中国は、1964年までに簡体字を確立。中台相互の漢字が理解しづらい状況が生まれた。このため、相手に配慮し、ウェブサイトや文書は官民共に両方の字体で編集するのが中台で一般化している。

馬総統は、2008年の就任前から「繁体字は中華文化の象徴だ」とし、繁体字の世界遺産登録を主張している。また、馬総統は来年の総統選を控え、中国との距離を置く姿勢を強調しており、簡体字禁止も選挙戦術の一環とみられる。

台湾当局は15日、交通部観光局がサイトから簡体字ページを削除。14日には飲食店や商店向けに「中国人観光客用のメニューや商品説明に簡体字を使う必要はない」とする声明を出した。ただ、民間での簡体字使用までは禁じていない。 読売新聞 6月16日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公的サイトは中国の簡体字排除せよ…台湾が通達 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる