china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾の飲料に可塑剤が混入

<<   作成日時 : 2011/05/28 00:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

台湾で食品添加物である乳化剤の一種「起雲剤」の中に可塑剤であるフタル酸エステルの一種、DEHPが混入していた事件が連日報道されている。
 
この報道によれば、DEHPが検出されたのはスポーツ飲料やジュース、酵素飲料などの飲料。
 
「起雲剤」は飲料に一般的に使われる乳化剤で油分と水分が分離するのを防ぎ均一化するのを助ける。しかしこの中に含まれていたDEHPは可塑剤で、通常は塩化ビニル樹脂を柔らかくするために用いられるものであり、体内に入ると男性の生殖能力に影響を及ぼす危険性が指摘されている。台湾では「第四類毒性化学物質」に分類され、食品に添加することはできない。
 
調べによると、この「起雲剤」にDEHPを添加したのはc伸香料公司という香料メーカー。コスト削減が目的でということだが、今回「Taiwan yes」というスポーツ飲料や「サンキストつぶつぶレモン」など16種類にもおよぶ飲料からDEHPが検出され、一部は大陸にも輸入されており、その波紋は大きい。
(エクスプロア上海 5月27日)

↓DEHPについて、詳しく書いてあるサイトを見つけました。
http://homepage2.nifty.com/taka_matsu/BJCjournal/019j.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾の飲料に可塑剤が混入 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる