china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS シンセンで急性結膜炎が流行、工場で隔離も

<<   作成日時 : 2007/08/27 01:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

深圳市では、ここ2週間の間で、急性結膜炎の症状で眼科を訪れる患者が急増している。一部では爆発的な流行となっているため、汚い手で目をこすらないように注意を払う必要がある。 

深圳に工場のある富士康では、千人あまりの従業員が結膜炎のために隔離治療を受けている。今のところ、新たな感染者の拡大は抑えられているが、手をしっかりと洗うなど予防が大切だ。一般に、汚染されたものを触って目をこすると、数時間から1〜2日以内に発病する。 

特に、レストランなどで出されるタオルで顔を拭く人が多いが、消毒が十分でないので、結膜炎に感染する原因にもなるので注意が必要だ。家族でタオルを分けるのも予防につながる。(エクスプロア深圳)

急性結膜炎が流行しているそうなので、深圳にお住まいの方々、深圳に行かれる方々は気をつけて下さい。急性結膜炎目の伝染性の中で最も多い病気で、結膜がまっ赤になり、耳前のリンパ腺が腫れたり、朝起きると目やにで上下のまぶたがふさがり、症状が急激に悪化します。

症状は、「ボーッ」として見えにくくなったり、ごみが入ったようにゴロゴロします。家族に患者が一人いると全員にうつることもあるので、机、ドアのハンドルなど、よくふき清めることが大切です。 目を清潔に保ち、手はせっけんでよく洗ってください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シンセンで急性結膜炎が流行、工場で隔離も china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる