china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 新界で鳥インフル、10万羽処分へ

<<   作成日時 : 2008/12/11 00:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香港食品・衛生局は9日午後、北部新界地区の元朗にある養鶏場のニワトリからH5型鳥インフルエンザのウイルスが検出されたと発表した。政府は「厳重対応段階(Serious Response Level)」の警戒態勢に入った。香港域内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したのは2003年初め以来という。

香港政府は半径3キロメートルを汚染地区に指定し、10万羽近いニワトリを処分する。さらに今後3週間は、香港の養鶏場からの出荷と海外からの生きた家禽の輸入を禁止する。(NNA)

郊外の農場で鳥インフルエンザにより死んだ鶏は約200羽で、その半分はワクチンを接種済み。専門家は、ウイルスが変異してワクチンが効かなくなった可能性があると指摘しているそうです。中国・香港・マカオにいらっしゃる方、ご注意下さい。

外務省のページに鳥インフルエンザについて載っていました。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新界で鳥インフル、10万羽処分へ china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる