china@live

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港「パソコン製品回収計画」

<<   作成日時 : 2008/01/15 00:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香港環境保護署は12日、「パソコン製品回収計画」のスタート式を奥海城で行い、推し進めようとしている「パソコン回収計画」に対し市民の積極的な参加を呼びかけた。環境保護署が推進するこの計画とは、国内外のパソコン製品サプライヤー20社と共同投資して、香港全土にいたる回収活動を行い、環境保護やその関連の団体の支持を得るものである。

この回収対象となる種類は、デスクトップ型あるいはノート型パソコン、液晶画面、スキャナ、およびその他のパソコン周辺機器を含むものとする。今後2年の目標として、年間5万台のパソコン製品を回収することが今後2年間の目標と定めている。回収されたパソコン製品から約10%の比較的良好のパソコン製品を慈善団体に寄付を行い、の他は循環再利用される。(チャイナネット)

下の記事は、チャイナネットと東方ネットから拝借しましたが、お仕事でパソコンを使っていらっしゃる方、下のような食べ物が良いらしいです。

・パソコンユーザーに人気の5大食品
時間パソコンの前で仕事をするオフィス族の間で、電磁波が人体にもたらす悪影響を和らげるという食品が話題になっている。「中国網」が伝えた。

緑黄色野菜
新鮮な野菜は体内の「洗剤」。野菜に含まれるアルカリ成分が血液をアルカリ性にし、細胞内に溜まった毒素の分解を促し、尿と共に排出させる。

豚の血
豚の血は血漿蛋白に富む。血漿蛋白は消化酵素による分解を経て、体内の粉塵、有害金属の微粒子と反応し、分解しにくい新物質となって体外に排出される。

緑豆
現代医学は、緑豆は体内の毒素の排出を助け、新陳代謝を加速させる物質を含み、さまざまな汚染への対策に効果的であることを実証している。

黒キクラゲ
黒キクラゲの最大の強みは、セルロースの体外排出を助ける。

お茶
パソコンは視力への害が大きい。パソコンユーザーはクコ茶や菊花茶など、目を明るくし、電磁波対策になる飲み物をたくさん飲むべきだ。菊花茶を常飲すれば、心が落ち着き、目が明るくなる効果を得られる。クコは肝臓をきれいにし、目を明るくする。お茶に含まれる成分には、放射性物質を吸着し、捕らえる働きもある。

・いつもコンピューターの前で働いている人は、時々目の乾燥と痛みを感じているが、毎日1本のバナナを食べるならば、一定の緩和作用がある。バナナの目を保護する機能は、その中の豊かなカリウムと関わるという。人体が塩分を多く摂取すれば、細胞の中に大量の水分が貯まり、目の赤い腫れを引き起こす。バナナの中のカリウムは、人体の過剰な塩分の排出を助け、人体のカリウムとナトリウムのバランスに良く、目の調子の悪さを緩和することができる。その他、バナナの中には多くのβカロチンが含まれている。人体にこの物質が不足すると、目が痛く、乾燥、目の玉の光沢がなくなり、水分不足で活気がなくなる。バナナを多く食べると、これらの症状を軽減するだけでなく、一定程度で目の疲労を緩和し、目の老衰を防止することができる。

↓クコについてのサイト
http://www2q.biglobe.ne.jp/~kazu920/m003.htm
↓花茶についてはこちらで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%8C%B6

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
香港「パソコン製品回収計画」 china@live/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる